EN
JP
CN
File.34
Detailed
Treatment
Information
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

1 末梢動脈疾患 脚の血管に影響を与え、歩行時の痛みや痙攣を引き起こします。

【概要】

末梢動脈疾患(Peripheral Arterial Disease、PAD)は、主に脚の血管に影響を与える疾患で、血管が狭窄または閉塞することにより血流が制限されます。これは通常、アテローム性動脈硬化、すなわち血管壁にプラークが蓄積し硬化することが原因で起こります。PADの症状には、歩行時の脚の痛みやけいれん(間欠跛行)、足の冷感や色素の変化、傷の治りが遅い、または最悪の場合には壊疽などがあります。
診断
診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。
治療
診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。 診断の説明文です。

FLOW- 治療の流れ -

1
【お問い合わせ】
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
2
【ヒアリング/診察】
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
3
【治療計画】
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
4
【治療】
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
5
【お支払い】
吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
INQUIRY

2 前立腺肥大症 前立腺が肥大して、様々な排尿の症状を引き起こす病気です

【概要】

前立腺肥大症とは、文字通り前立腺が肥大して、様々な排尿の症状を引き起こす病気です。一般的な成人男性での前立腺の大きさは、体積で表した場合には20ml以下で、クルミぐらいの大きさと例えられます。ところが、前立腺が肥大すると、卵やみかんの大きさになります。前立腺肥大症を発症する明らかな危険因子は加齢ですが、その他に遺伝的要因、食生活、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常などがあげられます。 前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿症状(排尿困難をはじめとする、尿を出すことに関連した症状)、蓄尿症状(尿を貯めることに関連した症状)、排尿後症状(排尿した後に出現する症状)が出現します。

⚫︎排尿障害
排尿困難とは、尿が出にくい症状の総称ですが、「尿の勢いが弱い」、「尿が出始めるまでに時間がかかる(尿を出したくでもなかなか出ない)」、「尿が分かれる(尿線が分かれて出る)」、「排尿の途中で尿が途切れる」、「尿をするときに力まなければならない」などの症状があります。

⚫︎蓄尿障害
前立腺肥大症では、多くの場合頻尿がみられます。頻尿については、一日に何回以上という定義はありませんが、昼間(朝起きてから就寝まで)については概ね8回より多い場合、夜間は就寝後1回以上排尿のために起きる場合、それぞれ「昼間頻尿」、「夜間頻尿」と考えられます。「尿意切迫感」は、急に我慢できないような強い尿意が起こる症状を言います。また、尿意切迫感があって、トイレまで間に合わずに尿が漏れてしまうような症状を、「切迫性尿失禁」と言います。尿意切迫感があり、頻尿を伴うものを過活動膀胱といいますが、前立腺肥大症の患者さんの50~70%が過活動膀胱を合併します。過活動膀胱では、まだ膀胱に十分尿が貯まっていないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうので、すぐに排尿したくなってトイレに行く、つまり頻尿になります。前立腺肥大症で、排尿後に膀胱内に尿が多量に残るようになると、膀胱に貯められる尿量が減って、結果的に頻尿になる場合もあります。

⚫︎排尿後症状
「残尿感」とは、排尿後に「どうもすっきりしない」、「尿が残っているような感じがする」といった感じのことです。また、尿が終わったと思って、下着をつけると尿が漏れて下着が汚れることがありますが、これを「排尿後尿滴下」と言います。
治療
治療法:経皮的前立腺動脈塞栓術 (PAE)

鼠径部の総大腿動脈もしくは手首の橈骨動脈を局所麻酔下に穿刺し、カテーテルを両側の前立腺動脈に挿入し、血管造影を行います。前立腺動脈に選択的に塞栓物質を注入、前立腺の動脈血流を遮断し、前立腺に虚血を生じさせます。
経過と予定
鼠径部からカテーテルを挿入した場合は術後3-4hrベッド上での安静が必要となります。手首の橈骨動脈からカテーテルを挿入した場合は術後すぐから座ることができます。手術中は安全のため一定の姿勢を保つ必要があります。術後は問題なければ翌日に退院が可能です。
治療の効果と成功率
INQUIRY
page-treatment.php